夏の終わりに君が死ねば完璧だったから
前作『私が大好きな小説家を殺すまで』が発売即重版の斜線堂有紀最新作!

 片田舎に暮らす少年・江都日向(えとひなた)は劣悪な家庭環境のせいで将来に希望を抱けずにいた。
 そんな彼の前に現れたのは身体が金塊に変わる致死の病「金塊病」を患う女子大生・都村弥子(つむらやこ)だった。彼女は死後三億で売れる『自分』の相続を突如彼に持ち掛ける。
 相続の条件として提示されたチェッカーという古い盤上ゲームを通じ、二人の距離は徐々に縮まっていく。しかし、彼女の死に紐づく大金が2人の運命を狂わせる──。
 壁に描かれた52Hzの鯨、チェッカーに込めた祈り、互いに抱えていた秘密が解かれるそのとき、2人が選ぶ『正解』とは?

発売日:2019年7月25日 サイズ:文庫判

定価:本体610円(税別) ISBN:9784049125832